ミナミクロダイ

土煙を意識したボトムバンプでチヌ(ミナミクロダイ)ゲーム

2017.09.19

スポンサー広告

ボトムバンプでチヌ(ミナミクロダイ)ゲーム

今回は「ボトムバンプ」でのチヌ(ミナミクロダイ)ゲームのご紹介。
スプーンでは主にエリアフィッシングで用いられる技では無いでしょうか?
バス釣りなどでは、ラバージグやワームをボトムで跳ねさせ、底の餌を食べているベイトを演出する。
と、中学生の時図書館にあった本に書いてありました(笑
しかし、今回はイメージを変え
「底で逃げる甲殻類」を意識しました。
やってる事は一緒なんですが(笑

魚は実際にどう反応しているのか?

数年前、魚の生態を研究するため、水槽で飼っていた魚を相手にルアーを入れていろんな事を試していました。
実際に起こる現象なのですが、ボトムに着いたルアーを引っ張ると、必ず下に溜まった土が舞い上がる。
これはスプーンでも、同じでした。
また、水槽の魚に活きたエビを餌としてあげた時に底にゆっくりと下りていくエビが、魚に喰われそうになると
パンッ!
と尻尾を動かし、逃げ、その水流で土煙りが上がるのです。
カニも、魚に食べられそうになると
バッ!
とハサミを上に上げて威嚇しますが、その時も土煙りが出ます。
捕食のヤル気スイッチ?
見つける為?
とにかく、魚にとって土煙りは重要なのは間違いないと確信。
それは、天秤を使った投げ釣りやショアゲーなどからも感じられます。

「土煙」をイメージしたスプーンゲーム。

私の場合は、スプーンがボトムに着いてからロッドティップでスーッと引くのではなく
ピッ!ピッ!
とキレよく少しだけ浮かせます。
そしてすぐにフォール。
これを繰り返します。
ここで、大事なのはトレースコースやキャストポイントです。
今回のポイントでは、ヤル気のあるチヌはベイトを探しながら壁際をスクールしていたので壁際を狙いました。
他にも、明らかに付きそうなストラクチャーがあればそこも狙います。
ハマれば、二桁を超えるバイト得る事が出来ます。
 「ボトムバンプアクションでチヌ!」  トライしてみて下さい!

スポンサー広告

いいね、ありがとうございます

AZUSA

AZUSA

最後まで読んでくれて、ありがとう。
クレイジーで刺激的なカッコイイ釣りの世界観を広めていきたいので、拡散おねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサー広告