ブラックバス

旭川ダムでの50cm(ゴーマル)ブラックバス。60cm(ロクマル)も。動画あり。

2017.09.19

2017.09.20

スポンサー広告


2011年9月 岡山県 旭川ダムにて

 

初めての本土でのブラックバス釣り

これは岡山県の旭川ダムで釣った55.5cmのバス。

旭川ダムといえばトーナメントも行われるほどのメジャーフィールドで本土のバスを初めて狙う僕にとって厳しかったです。
予定は2日間で前日に夕まずめにオカッパリで事前調査しました。
旭川ダムは全体的にストラクチャーが多くて、特にティンバーやスタンプ、ウィードなど、木や植物などによるものがほとんどでした。

自分の釣りたい方法で攻める

そういった場所では当然テキサスやラバージグで狙います。
ですが、自分の中ではわざわざ沖縄から行って人と同じ事はしたくないと思っていたので、前から釣りたいと思っていたフィネスの釣りで攻める事を決めました。

そこで、ライン2LBにロッドは月下美人、ルアーはフリックシェイクにリグはワッキーで挑みました。
喰わせるを前提としたタックルです。

それで、事前調査の夕まずめにやり切ったんですが釣れるどころかバスの姿すら見ることができなった。

初めてのチャンス

ロッドをおじさんの車に積み、おじさんとダムの風景を見ながらゆっくり話でもしようと、休憩所に向かう途中でした。

なんと!!

小さい流れ込みにいるんです。。バスが・・・(笑

しかも間違いなく40Up!!

僕は全力疾走で車に戻り、もう一度タックルを作り直して、戻りました。
見ると・・・まだいます。
僕はしゃがんでできるだけ遠くからキャスト!
投げたワームはバスの目の前に落ちました。

ヤバい!?

と思いましたが、バスはあっけなくパクっ!と喰いました。

すかさずあわす!

がしかし・・・なんとすっぽ抜け・・・ 終わった・・・。

チャンスは2度ある!?

終わったーーーとバスを確認する。
するとなんとまだいる!?

あきらめるのはまだ早い。
チャンスはまだある!
と思いもう一度投げました。

するとワームはバスのすぐ横の陸におちました。

いい感じ!

と思い、そこから虫がもがくように落とすと、バスが見に来ました。
しかし さすがにスレたのか口を使いません。。

僕は一か八かシェイクを加えてみました。
すると パクっといきました!

ティップがググっと入り、そこで合わせを入れる。
今度はしっかり決まり、ギギーーー!

結局 上げてみると、52cm!の立派な50(ゴーマル)でした。

さらなる大物を!

僕はこの事前調査で十分満足したんですが、どうせなら2日間でもっとでかいのが釣りたいという気持ちに変わりました。

そして1日目。
足でこぐ3人乗りのボートにおじさん2人が加わり出向。
おじさんは釣りに関して全くの素人です(笑
僕のおじさんはちょうちん釣りが上手でした(爆
そんな感じで1日目はぼうずをくらいました。

そして2日目。
朝早くからマンメイドストラクチャーをフリックシェイクで狙っているとき、ラインが走りました!
すぐにあわすと またまたドラグがなる!
そして エラ洗い。
50はある事を確信し、慎重に寄せてくる。
すると バスは口を開けたまま僕の方へ向かってくる。
僕は右手をのばしバスも・・・・ やってしまった。。。
最後のエラ洗いでした。

その後 かなり憂鬱な気分になりどんよりした釣りが始まりました。

聴こえてくるのは、キーコー、キーコーとペダルをこぐ音だけ。
そんなテンションで釣りをしていると。

ん!?

ラインが動いてる。 重い!

ジィーー!!

きた きた きた きたーー!!!

そんな感じでGETできたのが写真の魚です。

最高でした。

下は、懐かしいその当時の状況をおじさんが撮ってくれたものです。

これは、高校一年生の時に釣った60UP(ロクマル)です!

高校1年の時に釣りました。 流れ込みがあり、その先にあるウィードスポットをエコギア のハッスンで。
リグはテキサスです。
基本ズル引きですが、ウィードに絡まった時にむやみにロッドを振らず、まきながら外すのがコツだったかと。
ウィードからルアーが抜けた時に、リアクションで食わせる釣り方で50Upをたくさん釣ったなぁ(笑

スポンサー広告

いいね、ありがとうございます

AZUSA

AZUSA

最後まで読んでくれて、ありがとう。
クレイジーで刺激的なカッコイイ釣りの世界観を広めていきたいので、拡散おねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサー広告